カジノの外装デザインは国によって変わる

カジノの外装には非日常的なデザインが採用されていることが多いですが、これらには色々なデザインがあり、国ごとに傾向が異なります。例えばアメリカのラスベガスのカジノの場合には、どのお店も華やかできらびやかな外観なので、他店に負けないようにどの遊技場もど派手な外観デザインになっており、それで集客力をあげています。一方でヨーロッパのカジノではギャンブルだけの施設ではないので、非常に美しい外観が特徴であり、あまり目立った装飾品はなく歴史的建造物のような形状の外装をしているところが多くなっています。遊技場のデザインを決定するのは基本的に経営者ですが、周囲の建物と色を統一しなければならない景観保護の法律がある場合には、その法律に従ってデザインをすることになり、デザイナーも考慮して設計します。

カジノの外装を決める時には、有名なデザイナーに直接デザインを依頼する形式と、公募を行いその中から優れた外観のデザインを決定する場合があります。どの方法でも決定したデザインに対してはそれなりの報酬が支払われるので、無名デザイナーなどがこぞって応募することが多くなっています。お店側にとっても秀逸な外観があるということはお客さんの入りにも影響してきますから、なるべく多くの人が入ってくれるように万人受けするデザインを採用することがほとんどです。カジノ施設の外装デザインをすることでその名を馳せたデザイナーも少なくなく、いわばデザイナーの登竜門になりつつあるのが遊技場の外観設計です。色々な遊技場に行ってみてその見た目の違いを確かめてみるのも、また違った楽しみ方の一つです。
オンカジマニア「カムペックカジノマカオ(金碧滙彩娯楽場)」のお勧め記事はこちらで確認

カジノの外装で最も使われることが多い色は縁起の良い金色が使われることが多くなっています。どの国でも金はゴージャスでリッチなイメージがあり、富の象徴となっているので、ふんだんにこの色が使われています。外観だけではなくお店の中にあるオブジェクトに対して採用されていることも多々あり、色々な所に金色があるのです。マカオやラスベガスの場合にはその傾向が顕著で、建物全体にまんべんなく金色が使われていて、非常にリッチな印象をかんじとれるかじのが多数存在します。カジノの外装はデザイナーが決定しますが、その後建物の構造計算をしていく上で強度的に問題があるとわかった場合には、多少変わることもあり設計士とデザイナーでその話は進められていきます。カジノは色々な人たちが携わってできています。

コメントは受け付けていません。