栄でネットカジノの場所を考える

栄は、名古屋の中でも飲み屋が多い所で知られていますが、もう少し広い視野でみると飲み屋以外にもかけ事をするお店も多い傾向があります。また風俗などでも知られており大人の街の一つですが、その中にカジノが存在しない場所でもあります。
カジノが栄にないのはそれなりの理由があり、現在日本ではカジノをしてはいけないと定められているためです。厳密にいえばグレーゾーンな部分もありますが、基本的にカジノをしている場所はほぼ存在しません。存在するとしてもそれは違法な場所になりますので、摘発の対象になってしまうでしょう。
ですが、栄であってもネットカジノをする場合には特に問題がないでしょう。通常のカジノとネットカジノの違いは、扱っている商品やお金をかける対象は一緒でも、実際にそこにお店があるかどうかの違いになります。
ネットカジノ歴史を見てみると、1995年ごろアメリカで発祥しています。当時のアメリカは、インターネットが出始めたころですので、特段にネットカジノが流行っていたわけではありませんが、次第に有名にない初めて多くの国民がインターネットを通じてカジノに参加するようになりました。
アメリカに住んでいた日本人の中にも、インターネットで行うネットカジノの存在を知っている人はいましたので、日本に持ち込もうと思えば持ち込むことができましたが、何分日本語訳されていないためそのまま商品として扱っても一定の層しか参加することができず商売としては不十分な状態だったわけです。
ですが、2010年あたりから日本でもスマートフォンを手にする人が増えてきたため、少しずつ普及するようになったのは多くの人にとって記憶に新しいところでしょう。
ネットカジノが普及したことにより、日本でも気軽にカジノに参加することができるようになりました。これは、栄に限らず場所を選びませんので日本中どこでも行うことができます。電車の中や人と待ち合わせしているときの空き時間にカジノしてお金をもうけることも可能になるわけです。
この点に関して、法律に抵触しないかが問題になりますが、今のところインターネットのカジノを禁止する法律は存在していません。ですが、カジノ自体は違法と解釈されていますので微妙にグレーゾーンのところもありますが、特に違法とする判例などもなく現在のところ問題ないと解釈してよいでしょう。
インターネットで行うカジノは還元率が高いことで知られており、これは場所代を必要としないからといった理由が大きくなります。それをお客さんに還元することで、普通のカジノに比べても儲けやすいようにしているのがポイントでしょう。

コメントは受け付けていません。