ネットカジノは若い人でもシルバー世代でも楽しめます

日本の現在の法律では、賭博行為は禁止されています。特別な例外を除いては、国内でギャンブルをすれば罰せられることとなっています。現在、IR構想のもと、カジノ解禁についての調整が進められていますが、法整備が適切に行われてカジノが合法化されない限り、日本の国内でカジノを楽しむことができません。どうしてもプレイしたければ、合法とされている国に行ってゲームをするしか方法がありません。現に、ギャンブルを兼ねての海外旅行の企画はたくさん用意されています。時間と資産に余裕のあるシルバー層の人たちが、頭の体操にもなるということで参加しているケースが目立ちます。とはいえ、時間も金銭的余裕もない人が、そんなにやすやすと海外に行けるものではありません。そこで、オンラインでネットカジノを楽しむという手法があります。

インターネット上で、海外のギャンブルサイトが運営しているサイトにアクセスして、そこでプレイをするのであれば、国内での賭博には該当しませんので、違法性はないとみなされています。ネットカジノであれば、胴元と呼ばれる存在は外国にいて、その胴元は合法な存在なのですから、処罰の対象にはならない、との認識です。もし、日本国内に胴元がいて運営されているギャンブルサイトであれば、これは、明確に賭博罪が成立することになりますが、海外サイトに日本人がアクセスしてプレイするというのであれば大丈夫だとの解釈がなされています。ただ、2016年に、イギリスのカジノサイトにアクセスして賭けをしていた日本人プレイヤーが逮捕されるという事件がありました。なぜこういった事態になったのでしょうか。
オンラインカジノで副業生活(ギャンブル)できる?」オンカジ最新情報こちらもチェック

警察の話によると、そのサイトは日本語版サービスを行っていた、また、ディーラーが日本人であった、さらにオープンの時間が日本時間の夕方から深夜の時間帯に設定されていた、という点に違法性を見出しています。サイトがイギリスのものと言いながら、実態的には、日本の国内にいる日本人を対象にしてカジノが提供されているのと同じであるとの判断が下されたからです。この事件は、日本国内で、ネットカジノを使ってプレイをした人が逮捕される初めての事件であったということで、大きな衝撃を与えました。ただ、容疑がかけられたから逮捕されただけであって、決して有罪になったわけではありません。世界の多くの国で、男女問わず、また若い人もシルバー年代の人もカジノを楽しんでいる現状にあって、日本だけが国際化の流れから取り残されることがあってはマイナスでしかありません。

コメントは受け付けていません。