ラスベガスで遊べるカジノゲームの種類

カジノはルーレットやブラックジャックなどのゲームに金銭をかけて遊ぶことのできる施設になります。
世界では130ヶ国以上の国で合法化されており、特に有名なのがアメリカのラスベガスです。
ラスベガスではカジノが主要産業となっており、大きな観光源です。ホテルのほとんどに併設されているだけではなく、空港内のターミナル内にもスロットマシンが設置されていて24時間遊ぶことができます。
カジノでは24時間スロットなどで遊ぶことができるようになっており、それに伴いレストランなども24時間営業していることから眠らない街とも呼ばれています。ラスベガスでは21歳以上から遊ぶ事ができるようになっています。

遊ぶことのできるゲームの種類はテーブルゲームからマシンゲームなど様々なものがあります。オンカジマニアのブログ「ジャックポットシティカジノは稼げる!?」の記事はこちら テーブルゲームの種類としては、ブラックジャックは手持ちのカードの数字の合計が「21」を超えない範囲で「21」に近い方が勝ちというゲームになります。
ポーカーはプレイヤー同士が遊ぶカードゲームです。5枚のカードでカードを交換しながら役を作りますが、様々なスタイルが存在しているのが特徴となっています。難しいゲームと言えるため初心者には向かないとされています。

サイコロを使ったゲームとして人気なのがクラップスです。基本的にサイコロの出る目を当てるという単純なゲームですが、判断力などが必要となるためきちんと知識を仕入れてから遊ぶことがオススメです。
ルーレットは、円盤に投げ込まれたボールがどの番号に入るかを当てるゲームです。昔からあるためカジノの女王とも呼ばれています。賭け方はいくつかあり、それによって配当金などが異なってきます。
その他、女性でも簡単に遊ぶことのできるキノやスロットゲームなどもあるため十分に楽しむことができます。

ラスベガスのカジノというと敷居が高く感じられる人も多いと思います。
カジノ以外でも、サーカスや劇場でのショー、ショッピングなどを楽しむことができ、旅行としては十分に楽しむことが可能です。
しかし、ラスベガスと言えば本場のカジノを体験出来る街でもあります。せっかく来たのであれば勝ち負けに関係なくトライしてみるのをおすすめします。
ヨーロッパのカジノとは異なり、Tシャツやジーパンなどのカジュアルな格好でも行うことができるようになっています。また、ホテルによってはベビーシッターや子供を預かってくれるところもあります。

コメントは受け付けていません。